人事戦略とは?戦略人事との違いや成功させるポイントを解説

人事戦略とは、自社の経営戦略に沿った人事業務や業務プロセスの改善などを行い、生産性を向上させるための戦略です。人事戦略に力を入れることで、適切な人材採用や人事課題の素早い発見などにつながります。この記事では、人事戦略の進め方を解説します。人事戦略成功のポイントも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

人材活用に関するお役立ち情報をお送りいたします。

人事戦略とは

人事戦略とは、人事に関係する業務やオペレーションを改善することで、組織の生産性を高めようという戦略です。人材の採用や育成、人事制度の構築など人事の業務は多岐にわたります。そのなかで、自社の採用計画を達成するための採用手法の見直し、適材適所の人材配置、適切な人事評価制度の構築などが人事戦略の具体的な内容として挙げられます。

人事戦略と「戦略人事」の違いとは

人事戦略と似た言葉として、戦略人事が挙げられます。戦略人事とは、人的経営資源を適切に管理やマネジメントして、企業の経営目標の達成を目指すものでより経営に踏み込んだ考え方などのことです。

しかし、人事戦略と戦略人事は切り離せるものではなく、人事課題への戦略立案が戦略人事、戦略人事を反映した業務改善や効率化が人事戦略となっています。

人事戦略が必要な理由とは

人事戦略の重要性が高まった理由としては、企業を取り巻く環境や仕事への価値観の変化などが挙げられます。日本では少子高齢化などにより労働人口は減少傾向にあります。また、働き方が多様化し、従来のような終身雇用・年功序列は崩れ、優秀な人材の確保が難しい、人手不足が深刻化しているなどのさまざまなビジネス課題を抱える企業も少なくありません。

新しい価値観やビジネス環境の変化に対応できないと採用が難しくなるため、世の中の動きに合わせて人事戦略の検討が重要です。

人事戦略に力を入れるメリットとは

人事戦略に力を入れることで、適切な人材採用につながります。人事戦略が明確になっていることで、人事部内で採用や育成に関する経営戦略が浸透しやすくなります。そのため、経営目的に沿った人材の採用につながるでしょう。ミスマッチ防止も期待できるため、早期離職の防止にも効果的です。

また、人事戦略を立案する際にはさまざまな情報を俯瞰的に見ることになるため、人事課題を察知しやすくなることもメリットです。

人事戦略の進め方を解説

人事戦略を進める際には、4つのステップを意識しましょう。ここでは、人事戦略の進め方を詳しく解説します。

企業理念・経営戦略を確認する

まずは、企業理念と経営戦略を確認しましょう。人事戦略は、経営戦略と連動させることが重要です。経営戦略を実現するには人材が必要となるため、必ず人事戦略と経営戦略は連動させましょう。企業理念やビジョン、経営戦略などを把握しないまま人事戦略を考えることは不可能であるため、しっかりと再確認しておくことが大切です。

人事領域の目標を設定する

経営戦略やビジョンなどを把握したら、それらをもとにして人事戦略の目標を決定します。人事戦略は、経営戦略を実現させることが目的です。そのため、経営戦略を実現するためにはどのような施策が必要なのか、求める人材の人物像、必要なスキルや経験、どのぐらいの人員が必要なのかなど、人事領域の目標を設定しましょう。

自社の課題を洗い出す

目標を設定した後は、自社の課題の洗い出しを行います。目標や理想と現実とのギャップを把握しましょう。経営戦略を実現するために必要な人材や人員と、現状の人員構成や従業員のスキルなどを比較して、ギャップを埋めるために必要な施策を考えます。自社の課題を把握し、どうすれば人事的な課題を解決できるのか検討しましょう。

自社にあう人材戦略を検討する

自社の人事的な課題を解決するために、自社にあう人材戦略を検討しましょう。課題を解決する方法は新しい人材を採用することだけではありません。育成方法を見直したりキャリア支援の充実化を図ったりするなど、幅広い選択肢を検討して自社に合った方法を検討しましょう。どのような方法でも、計画をしっかり立てることが重要です。

フレームワークを活用するのもおすすめ

人事戦略を進める際には、フレームワークを活用する方法もあります。以下では、3つのフレームワークについて解説します。

PPM分析

PPM分析とは、「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント」を略したものです。経営資源の投資配分を検討できるフレームワークとなっています。市場成長率とマーケットシェアの2つを軸にした4つの枠に、自社の人材を配置して分析を行うものです。これにより、自社の人材分析ができ適切な人事戦略の立案に役立ちます。

SWOT分析

SWOT分析とは、「自社の強み(Strength)」「自社の弱み(Weakness)」「顧客・市場の機会(Opportunity)」「競合の脅威(Threat)」の頭文字をとったものです。自社の外部要因と内部要因をポジティブとネガティブに分類して分析を行う手法となっています。自社の状況を客観的に分析できるメリットがあります。

TOWNS分析

TOWNS分析とは、SWOT分析と組み合わせて利用される分析手法です。クロスSWOT分析とも呼ばれています。SWOT分析で得られた自社の現状をもとにして、より具体的な解決策や対策などを導き出すことが可能です。TOWNS分析は、人事戦略やマーケティングだけでなく、従業員個人による自己分析や能力開発促進などにも活用されています。

人事戦略を成功させるポイントとは

人事戦略を成功させるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、人事戦略を成功させるポイントを解説します。

社内で情報共有する

人事戦略を成功させるために、社内全体で情報共有を行うようにしましょう。熟考した人事戦略を立案しても、経営陣や従業員に共有できていないと人事戦略の推進につながりません。人事担当や経営者、従業員が共通認識を持てるように工夫します。たとえば、人事戦略を誰にでもわかりやすいスローガンという形で社内に発信するなどしましょう。

職務や役割を明確にする

人事戦略に基づいて、従業員の職務や役割を明確にしましょう。従業員それぞれの役割などが明確になることで、評価をしやすくなります。また、従業員のモチベーションアップにもつながるでしょう。職務や役割が明確になることで活躍しやすくなる、人事戦略とのつながりが可視化され、やる気が向上するといった効果が見込めます。

必要に応じて人事異動を行う

従業員それぞれの適性やスキル、経験、保有している資格などを把握して、必要であれば人事異動を行いましょう。従業員を適材適所に配置することが重要です。また、ジョブローテーションを採用することもよい方法の一つです。

評価制度を見直す

経営戦略の達成に向けた人事戦略と現在の評価制度や評価の基準などがリンクしているかどうかを確認しましょう。評価制度は公平性の担保も重要となるため、公平性が保てる評価制度を導入する企業も増えています。

人事部自体の見直しも行う

人事部内の見直しも必要なら行いましょう。たとえば、人事部の人材的なリソース不足が続いている、各部署と連携するためのスキームが確立されていないなど、人事部内に課題があると人事戦略の推進がうまくいかない場合もあります。

人材不足を解消したり人事部の仕組みを改善したりして、人事戦略の計画・遂行がスムーズに行える体制を整えましょう。

他社の成功例はあくまでも参考程度に

他社の人事戦略を自社にそのまま取り入れても同じ結果が出るとは限りません。業種や社風、自社の課題などによって必要な人事戦略は異なります。他社の成功例は参考程度にして、自社にあう人事戦略を検討するようにしましょう。

まとめ

人事戦略とは、人事に関連する業務やオペレーションを改善し、自社の生産性を高めるための戦略です。人事戦略を進めることで、適切な人材採用や人材配置、人事課題の早期察知などにつながります。人事戦略を成功させるためには、社内での情報共有や評価制度の見直し、人事部の体制の見直しなどを意識しましょう。

メルマガ登録

最新のセミナー情報、コラム・お役立ち情報などをお届けします。

関連サービス

コンサルティング

経営的視点による高度なコンサルティングサービス。プロジェクト全体の推進を担い、貴社の目標達成を支援します。

関連コラム

お役立ち情報 に戻る

お問い合わせ

弊社サービスについて、ご質問・ご相談がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

3分でわかるAKKODiSコンサルティングはこちらからダウンロードいただけます。